So-net無料ブログ作成
 

『大雪山』開発調査へ [讀賣新聞]

① 【独自取材】 「『大雪山』開発調査へ」

  • 北海道の大雪山国立公園内で今春、地熱発電所の建設に向けた地表調査が始まる。東日本大震災後の規制緩和により、国立公園内での地熱発電事業化に初の調査計画となる。
  • 日本は火山国であり地熱資源量に恵まれているが、適地の約8割が国立・国定公園内にあるとされ、開発が進んでいなかった。現在全国で稼働中の地熱発電所は17ヵ所で、総出力は52万キロワットと、原発1基分(約100万キロワット)の半分程度に留まる。
  • 2012年3月の規制緩和後の地熱発電所の計画や構想があるのは、大雪山国立公園(北海道)、阿寒国立公園(北海道)、栗駒国定公園(秋田県)、磐梯朝日国立公園(福島県など)。地熱発電は、天候に左右されず、安価で安定的であり、再生可能エネルギーの中核として普及が期待される。


    ② 【独自取材】 「民主・参院2氏、離党へ」
    民主党の参院議員、川崎稔氏(佐賀選挙区)と植松恵美子氏(香川選挙区)が、党本部に離党届を提出する。両氏は無所属になる考え。

    ③ 【連増企画】 「競争意識高め病院効率化 ~医療革新2」
    韓国は、1997年の経済危機で多くの病院が破綻。生き残った病院はICT(情報通信技術)による効率化を進め、治療と治験(開発中の新薬の効果テスト)を1ヵ所でできる「ハブ(拠点)病院」が生まれた。


    新聞1面トップ 2013年2月22日【解説】タテ社会からヨコ社会へ

     


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。