So-net無料ブログ作成
 

抜本的な防災策急務 [毎日新聞]

① 【独自取材】 「抜本的な防災策急務」

  • 厚生労働省は9日、死傷者12人を出した認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」の火災を受けて、各自治体に防火安全体制の徹底と点検を呼びかけた。しかし小手先の対応には限界がある。
  • グループホームは小規模なため、100人規模の特別養護老人ホームのように利益を上げられず、スプリンクラーを設置する余裕がなく、安全面が後回しになっている。
  • 抜本的に解決するには、「介護報酬の見直し、スプリンクラーの義務付けと補助金の増額」さらに「夜間の人員配置なども含めた総合的な安全対策が必要」と専門家は指摘する。


    ② 【連続企画】 「芥川賞の魔力 ~ストーリー」
    史上最年長の芥川賞受賞者となった黒田夏子さん(75)は、受賞前より顔つきが泰然としたように見えた。「芥川賞作家」の肩書は重たい。だがそれは、作家としての安定と成功をかならずしも保障しない。

    ③ 【独自取材】 「脆弱な経営基盤」
    介護保険法が施行された2000年にスタートした認知症高齢者グループホームは、17万人以上が利用する(2012年10月時点)が、単独経営が多く事業基盤は脆弱だ。また、自力避難が困難な要介護4以上の人の割合も多い。


    新聞1面トップ 2013年2月10日【解説】長い目で、大きな目で

     


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。