So-net無料ブログ作成
 

争点づくり懸命 ~2012衆院選 [毎日新聞]

  • 衆院選に向け、14政党が争点づくりに懸命になっている。自民党は、安倍氏の最大の売りである強い保守色を打ち出す。だが党内には無党派層の離反を懸念し、「強調しすぎれば懐の深い自民党のイメージを損ないかねない」(幹部)とする声もある。
  • 一方、民主党は「脱原発」や「中道路線」で自民党に対抗する。野田首相や他の幹部も、一斉に自民党の「右傾化」を批判し、無党派やリベラル層の取り込みを図っている。さらに、野田首相と安倍総裁の「党首力」対決に持ち込みたい考えだ。
  • 日本維新の会は、「第3極」結集を急ぐあまり、政策が曖昧になっている。既成政党との「違い」の具体化に苦しんでいる。みんなの党の渡辺代表は、維新の基本政策に「改革」という言葉が出てこないことを指摘し、「橋下さんは戦う改革勢力の原点に立ち戻ってもらいたい」と語る。

新聞1面トップ 2012年11月25日【解説】「体育会」と「同好会」

 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。