So-net無料ブログ作成
 

がんリスク、明らかな増加見えず [朝日新聞]

  • 世界保健機関(WHO)は、東京電力福島第1原発事故の被曝による住民の健康影響について報告書をまとめた。がんなどの発生について、全体的には統計学的に有意に増える可能性は低い、との結論になった。
  • 原発事故のよる健康影響評価は初めて。100ミリシーベルト以下の低線量被爆の影響については、不確かな要素があるため、原爆やチェルノブイリ原発事故などの知見を参考に、大まかな傾向を分析した。
  • ただし、福島県の一部地域の乳児では、事故後15年間で甲状腺がんや白血病が増える可能性があると予測した。浪江町の1歳女児が16歳までに甲状腺がんになる可能性は、0.004%から、被曝に影響で0.037%と9.1倍になった。同様に、飯館村で5.9倍、福島市で3.7倍に増えるとの予測となった。
 

新聞1面トップ 2012年11月25日【解説】「体育会」と「同好会」

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。