So-net無料ブログ作成
 

デジカメ販売1000万台減 [日経新聞]

  • デジタルカメラ国内大手6社が、2012年度の販売計画を一斉に下方修正した。前回計画比で1割減の計1050万台の減少となる。2011年度と比較しても、4.5%減と、一転して2年連続の減少となる見通し。
  • デジカメ国内6社の世界販売は、以下の通り。◇キャノン=2012年度計画2780万台(前回計画との差▲240万台)、◇ソニー=同1600万台(同▲200万台)、◇ニコン==同2410万台(同▲90万台)、◇富士フィルム==同1100万台(同▲130万台)、◇パナソニック==同800万台(同▲300万台)、◇オリンパス==同730万台(同▲90万台)―。
  • 高度なデジカメ機能を搭載したスマートフォンの普及、世界的な景気減速、中国での不買運動などが逆風になっている。レンズ交換式が多いキャノンやニコンは、下方修正しても、前年度比で7~9%増える予定で、安定した収益を見込む。コンパクトカメラ中心のメーカーは厳しい。今後、高機能品へのシフトなど戦略の再構築を迫られそうだ。

新聞1面トップ 2012年11月23日【解説】教育の原点

 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。