So-net無料ブログ作成
 

過激派対策費水増し [東京新聞]

  • 法務省公安調査庁でも、東日本大震災の復興予算の不適切使用問題が明らかになった。2011年度第3次補正予算に2800万円を計上し、過激派対策の車両を購入していた。
  • 公安調査庁が復興予算を使った事業内容は、以下の通り。▽事業名=被災地等における治安確保のための調査基盤強化、▽規模=2011年度第3次補正予算(復興予算)に2800万円、▽内容=調査活動用の乗用車14台を購入、▽配備先=東北1台、首都圏13台―。
  • 公安庁は、「被災地の治安維持」が目的とするが、14台のうち1台のみが東北地方に配備される(仙台市の東北公安調査局)。例年、調査用車両は一般会計で購入しており、復興予算の活用は水増しともいえる。公安庁は、「被災地で過激派が勢力拡大を図ろうとする動きを活発化していた。車両購入で調査能力の向上を図る必要があった」と釈明する。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。