So-net無料ブログ作成
 

国会所有財産手付かず [東京新聞]

  • 都心の一等地などにあり、利用が限られている国会所管の国有財産の処分が進んでいない。東日本大震災後には、復興財源の一部にするという考えも示されたが、放置されたままだ。
  • 売却されず放置されたままの衆参両院の所管財産は、以下の通り。▽衆院:「事務局分室(旧衆院事務総長公邸)=台帳簿価20億円」「法制局分室(旧衆院法制局長公邸)=同7億円」、▽参院:「速記者養成所=同14億円」「五反田分室=同10億円」「青梅橋寮=同4.9億円」「旧参院法制局長公邸=同3.7億円」「一番町職員宿舎=同2億円」―。
  • 国会改革問題に取り組む民主党の花崎衆院議員は、「施設はほとんど利用されていない。管理人として国会職員OBに人件費も払っている。放置は国民の理解を得られない」と批判する。消費増税で国民に負担増を求める一方で、足元の無駄の削減には甘い政府の対応の象徴だ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。