So-net無料ブログ作成
 

夜・早朝の訓練3.7倍 [朝日新聞]

  • 米軍普天間飛行場に配備された新型輸送機オスプレイ12機の訓練は、旧型の輸送ヘリに比べ、普天間飛行場では夜間早朝の使用が3.7倍、伊江島で2.3倍になる。それが米海兵隊の環境審査報告書から浮かび上がる実態だ。
  • 沖縄での年間訓練回数の変化は、以下の通り。▽伊江島補助飛行場=旧型ヘリ2880回⇒オスプレイ6760回(2.3倍)、▽ブルービーチ訓練場=旧型ヘリ28回⇒オスプレイ1680回(60倍)、▽普天間飛行場(夜間早朝)=旧型ヘリ76回⇒オスプレイ280回(3.7倍)―。
  • 最も負担が大きくなりそうなのは、伊江島だ。米軍佐世保基地の強襲揚陸艦の甲板にそっくりな滑走路があり、オスプレイが離着陸訓練をする。大城勝正・伊江村長は、「防衛政策に協力してきた。そのうえで訓練増に納得できるはずがない」と憤る。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。