So-net無料ブログ作成
 

交渉の顔交代、候補地住民反発 [東京新聞]

  • 内閣改造で、横光克彦氏が環境副大臣を退任した。横光氏は、東京電力福島第1原発事故で発生した「指定廃棄物」の最終処分場の選定を指揮してきた。
  • 横光氏は、9月に栃木県矢板市と茨城県高萩市を候補地に選んだが、事前に地元と協議せず結果だけを伝え、批判を浴びた。両候補地で反対運動が広がっており、責任者交代に懸念や不満の声が上がっている。
  • 環境省は、住民説明会で安全性などの理解を求めていく構えだが、「交渉の顔」が交代する影響は否めない。横光氏は、選定問題が暗礁に乗り上げたまま退任することについて、「残念です・・・」と語る。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。