So-net無料ブログ作成
 

福島健康調査で秘密会 [毎日新聞]

  • 福島県は、東京電力福島第1原発事故を受けて実施中の健康管理調査について、委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが判明した。調査結果に対する見解をすりあわせ、「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。
  • 関係者によると、事務局を務める県保健福祉部の担当者が非公開の準備会を開催し、配布した資料は回収し、議事録も残さず、準備会の存在を外部に漏らさないようにと口止めもしていた。9月11日に開催された第8回検討委の直前にも準備会を開き、子供の甲状腺がんが初めて確認された事例は、原発事故と因果関係はない、などの見解を確認していた。
  • 毎日新聞の取材に対し、県保健福祉部の担当者は準備会の存在を認め、「あらかじめ意見を聞き本会合をスムーズに進めたかった。秘密会合と言われても否定できず、反省している。(今後は)開催しない」と回答した。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。