So-net無料ブログ作成
 

内閣支持上昇34% [讀賣新聞]

  • 読売新聞の世論調査(10月1~2日)によると、野田内閣の支持率は34%。前回調査(9月15~17日)の27%から7ポイント上昇した。不支持は56%(前回63%)。支持率の30%台回復は7月以来となり、内閣改造は一定の効果を発揮した。ただし政権浮揚を期待される田中文科相を「評価しない」が51%(評価する39%)、細野政調会長の起用の評価は拮抗(「評価する」39%「評価しない」40%)する結果だ。
  • 調査の主な結果は以下の通り。▽「首相にふさわしいのは」野田首相34%、安倍総裁44%、▽「民自公は国会審議で協力すべきか」協力すべきだ77%、そうは思わない18%、▽「政党支持率」民主党18%、自民党28%、日本維新の会2%、▽「次期衆院比例選の投票先」民主党18%、自民党36%、日本維新の会13%。
  • 自民党も総裁選の効果で支持率が野党転落後で最高となった。ただし、安倍総裁の選出を「評価しない」53%(「評価する」40%)と厳しい視線も向けられている。対照的に、石破幹事長の起用は「評価する」が70%に上った。日本維新の会は、勢いに陰りが見え始めている。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。