So-net無料ブログ作成
 

死者最悪32万人 [日経新聞]

  • 内閣府の有識者検討会は29日、駿河湾から日向灘の「南海トラフ」を震源域とするマグニチュード9.1の地震が起きた場合、最大32万3千人が死亡し、238万6千棟が全壊・焼失する想定を公表した。政府は、東海、東南海、南海の3連動地震より大規模のM9級を「南海トラフ巨大地震」と呼んで区別し、新たな被害想定の策定を進めている。
  • 死者は、関東から九州・沖縄の30都府県で想定される。津波からの迅速な避難や建物の耐震化で、最悪ケースの死者は6万1千人に減らせる、と内閣府は説明しており、「減災」対策を進めるよう呼びかけている。
  • 政府は、最悪の事態への備えを強化するための特別法を策定する考えだ。秋にまとまる経済被害想定を踏まえて、今冬に南海トラフ地震対策の全体像をまとめる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。